ベッドに着くや否や、彼女の方から襲いかかってきたのです。
この時、膝が彼女の股間に当たったのですが、ぬるるっ!といったので何だろう?と思うと彼女の愛液でした。
まだプレイを始めて間もないと言うのに、股間は大洪水・・・。いやはや、困った淫乱娘です。
そんなインランでギラギラした彼女に感化されてしまったのか、私もつられてムラムラとしてきました。
私の股間もギンギンになり、爆発しそうなほど硬くなっています。
硬くなってしまった股間をほぐそうと、立ったままフェラチオが始まったのです。唾液をいっぱい含んだ口はとても暖かく柔らかで気持ちの良いものでした。
吸引力もあり、多摩市まで抜けてしまいそうなとても気持ちがいいフェラでした。

私も何か奉仕したいと思い、彼女を四つん這いにさせると、後ろからクンニをしました。
下を思い切り尖らせてちょっと挿入して見たり、マンスジを下で、つつつとなぞったりすると、彼女が動いていないことに気づいたのです。
「やばいかな?」と思い顔を見ると、あまりの気持ち良さで何度もイってしまい、気を失っていたのです。

デリヘル人生は長い方だと思いますが、失神させるほどのオーガズムを与えたことって今までなかったので、イカせた私も安心して一気に疲れがきてしまいました。
しかし私も男です。漢と書いて男です。
私はフンドシを締め直して、スマタを行いました。
最近スマタをやっていませんでしたので、最初は手こずりましたが、腰を動かしているとだんだんと容量を掴み、最終的にはあたかも挿入しているかのような感覚になったのです。
イクのを我慢して中折れだけは絶対に嫌だったので、我慢できずに放出してしまいました。
最近オナニーもしていなかったので、自分でもびっくりするような量の精子が出ました。
彼女も「すご〜い!こんなに出た〜!」なんて言っていましたから、相当だったのでしょう。

私は疲れが溜まっていたのか、その場で横になると、しばらく眠ってしまったようでした。
彼女は気を利かせて、置き手紙を置いて帰ったようです。

手紙の内容はこんな文章でした。

“本日はご指名いただきありがとうございます。
疲れてるようだったので、起こさずに帰りますね。
また機会があったらご指名宜しくお願いします。
会話しているうちに、なんだか彼氏のような気分になってしまいました。
話しやすくてほんとはもっと一緒にいたかったな。
とても素敵な方に出会えて幸せです。
気をつけて帰ってね!”

なんていい子なんでしょう。
ここ数年、秋田でデリヘルを呼び続けてきましたが、こんなに気の利いた女の子は初めてだと思います。
探せばいるんですね。雑誌を見て女の子を呼ぶなんて危険なことは今後無いと思いますが、今回のようにかなり頑張って女の子を探すといい子に巡り会える確率は上がるのだと思います。
皆さんも雑誌は見ずにネットの情報で読んでみましょう。

Written by 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です