夏が近い。
私だけかもしれませんが、夏が近くなるとムラムラしてきます。
女性は露出の多い洋服を着て、ぴたっとしたボディーラインの洋服を着ようものなら、まじまじと見入ってしまいます。
秋田県の海水浴場といえば、横手の小砂川海水浴場や男鹿の岩館海岸海浜プールなどが有名ですね。
水着姿の女性を見るだけの目的で昔は行ってたなぁ〜。(若気の至りという事でw)

最近は全然海に行っていないので、ドライブがてらに海へ行くことにしたのです。
一人寂しく行くのは勇気がいりましたが、着いてみると人の多さにびっくりです。
まだ初夏というだけあって肌寒かったのですが、若者は水着姿で楽しんでいました。
怪しい人と思われないように人間観察していると、案の定、水着姿の女性を見続けたせいでムラムラとしてきました。
こんな真昼間からデリヘルを呼ぶのもなぁ〜と思いました。しかもこの辺の情報は全く分かりません・・・。

仕方がないので家へ帰ることにしたのですが、帰りの車中でデリヘルを呼ぼうかかなり葛藤しました。
由利本荘あたりでとうとう我慢ができなくなってしまい、ネットで調べてここまで派遣できるデリヘルを探します。
秋田は結構街と街が離れていて、稀に来てくれない業者もいるのです。
たまたま運が良かったのか、由利本荘まで来てくれるデリヘル店は数店舗ありました。

次の問題はラブホテルです。
調べると6件ありましたが、どれも微妙な感じの安ホテルです。
仕方がないのでその中でも一番いい感じのホテルに行くと「本日休業」という立て看板がありました。

「ガーン」

ついてないですね・・・。
気を取り直して次にいい感じのホテルへ向かいます。
次のホテルはかなり空室が目立つホテルでした。それもそのはず、まだ昼過ぎですから・・・。
部屋に入ると地元の風俗雑誌が置いてありました。
結構立派な装丁の雑誌です。何だか秋田に似合わない都会的な感じの雑誌でした。

今回はこの雑誌から女の子を選んで呼んでみたいと思います。
雑誌を見て呼ぶなんて何年振りの行為でしょう?普段しない事をするとろくな事がないことはわかってるのですが、面白くなって勝手にこんな縛りを設けて呼ぶことにします。
そもそも、雑誌に掲載されている女の子情報っていうのは全くあてになりません。かなり体形を補正された写真や、全くの別人の写真だったり。やりたい放題だからです。

勿論、本日の出勤時間なんて書いていませんので、電話して確認するしかないのです。
一番多い事例は、希望の女の子が出勤していない場合、受付の人に言いくるめられて好みではない女の子をあてがわれる事。これだけは避けたいですね。
自分で雑誌の情報縛りを作っておきながらネットの情報を見るわけにはいきませんので、ここはルールを守って雑誌の情報だけで呼んでみたいと思います。

しかし雑誌の情報だけではかなり不安にります。
一人の女の子につき1枚の写真しかないのですから。女の子ブログなんて無いのですから・・・。

Written by 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です